キャリア

転職活動にはどれくらい時間がかかる?転職活動を成功させるためにすべき事前準備を知る

 

転職活動ってどれくらい時間がかかるのでしょうか?転職活動をこれから始めようと考えているのですが、どれくらい時間がかかるのかわからなくて不安です。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 転職活動ってどれくらいかかるのが一般的なの?
  • 転職活動をうまく進めるためのコツ
  • 転職活動ってどんなフローでおこなうの?

 

これまで1,000人以上のビジネスパーソンとキャリア面談をしてきたごらりが、「転職活動にかかる時間」、「転職活動をうまく進めるコツ」について解説します。

 

転職活動にかかる期間は?

 

 

エン・ジャパン株式会社が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』にて、転職コンサルタント130名を対象に「転職活動期間」についてアンケート調査を行った結果が以下の通りでした。

 

一般的に転職活動期間は3か月と耳にすることが多いですが、転職エージェントが実際に調査した転職活動期間の調査結果も、3か月以内での転職が約6割と、短期で転職先決定をしていることが多いようです。

 

  • 3か月以内: 58%
  • 6か月以内:22%
  • 7カ月以上:3%
  • 1か月半以内:17%

 

ただし、あくまでこれは平均的な話であり、以下のような専門性の高い職種によっては、転職活動期間が3か月を超える確率が30%超と、転職活動期間が長くなるというデータもあります。

 

転職活動期間は、職種やあなたの置かれている状況によって大きく変動するので、時間がかかっているからと気にしすぎることはありません。

 

例えばこんな職種

  • 経営企画
  • コンサルタント
  • 金融系
  • 技術職(製造業)

 

転職活動はいつするのが最適?

 

「退職してから転職活動をする」という人もゼロではないですが、転職活動に関しては企業に勤めながら行うことをお勧めします。

 

「在職中だと転職活動の時間が取れないからいったん退職してからゆっくり転職活動をします」というタイプの人も一定数いますが、これはあまりおすすめしません。

 

なぜなら、いったん退職してからの活動になると、最悪なケースだと無職の期間が半年〜一年かかってしまい、ゴールの見えない転職活動に嫌気がさし、精神的にしんどくなったり、就職先を決めることが目的となった転職活動をしてしまうことで、本末転倒な転職先選択となってしまうためです。

 

在職中に転職活動をするのは非常に大変ではありますが、できる限り両立できるよう仕事との折り合いを付けましょう。

 

在職中に転職活動をうまく両立させる方法は以下ブログを読んでみてください

 

合わせて読む
在職中の転職活動|現在の仕事と転職活動を両立させる方法を解説

 

続きを見る

 

 

転職活動のはじめるための事前準備

 

 

計画的に転職活動を完了させるためには、事前準備が非常に重要です。

 

準備せぬまま転職活動をはじめると、何となく転職先を決めたり、転職エージェントに言われるがままに転職先を決めるなどということになりかねません。

 

  • 転職してどうなりたいかの明確化
  • 自己分析
  • 転職先の情報収集

 

事前準備①:転職してどうなりたいかの明確化

 

転職活動をはじめる方と話をすると、「今の職場に未来を感じない」や、「上司と折り合いが合わない」など、口にされる方が多くいますが、これは転職を考えたきっかけに過ぎません。

 

転職をすることであなたが実現したいことが何かを考えましょう。

 

上司との関係性の話だけがネックなのであれば、部署異動をすればこの問題は解決されるかもしれません。

 

短絡的に、今の環境が嫌だからと転職活動をはじめるのはあまりに短絡的です。

 

必ず、転職する目的を明確にして、転職することでどうなりたいかを考えるようしましょう。

 

事前準備②:自己分析

 

転職活動において、「あなたは何者で、何ができる人なのか?」を知ってもらうことは非常に重要です。

 

もちろん、履歴書や職務経歴書から、あなたのポートフォリオを一定、読み取ることはできますが、そこから読み取れないあなたの良さを知ってもらう必要があります。

 

どれだけあなたのポートフォリオが完ぺきな内容でも、あなたの長所や強みを受け手側が、「当社にとって魅力的な人材だ」と、捉えない限り、それはまったく意味をなしません。

 

転職活動は、企業にあなたの魅力を知ってもらって、初めて前に進むものであり、自己分析なくして、転職活動がうまくいくことはないでしょう。

 

事前準備③:転職先の情報収集

 

就職先選択をするうえで大事なのは情報です。

 

ネットに掲載されている情報は、真偽が定かではない情報まで掲載されています。

 

求人情報には、「20代で1000万円に到達する社員がいます!」との掲載があったとしても、その情報を鵜呑みにしてはいけません。その1000万円を獲得している社員が、在籍者300名中で1名しかいないかもしれません。あなたが入社してその給与をもらおうとすると、kなりハードルが高いでしょう。

 

ネットの情報に踊らされることなく、就職先選択ができるよう、転職エージェントをうまく活用するなどして、正しい情報を集めるようしましょう。

 

合わせて読む
信ぴょう性はある?転職活動に欠かせない口コミサイトの信ぴょう性や活用方法について解説

 

続きを見る

 

転職活動を成功させたいなら転職エージェントをうまく利用すること

 

 

自己分析して、転職先の情報を収集して、面接の日程調整をしてと、転職活動を自身で完結させようとすると、かなり工数が取られてしまいますが、これらの負担を軽減するためにも、転職エージェントをうまく利用しましょう。

 

転職エージェントは、以下のようなことをフォローしてくれるため、転職活動を成功させるためには必須の存在と言っても過言でありません。

 

あなた一人で、「転職活動ってどう進めればいいんだろう」や、「転職先がなかなか決まらなくて困っている」などあれば、転職エージェントに一度相談してみましょう。

 

  • 業界動向についてのレクチャー
  • 面接日程調整
  • 面接対策
  • キャリアの棚卸し
  • 職務経歴書の添削

 

少しでも転職活動を早めたいや、納得のいく転職活動をしたいと考えている人は、自分だけで悩まず転職エージェントの力を借りて見るのはいかがでしょうか?

 

オススメの転職エージェント4選

 

1位:リクルートエージェント

多くの選択肢から選びたい人向け

転職成功実績No.1。会員ページから検索できる非公開求人件数は業界最大手。また、キャリアカウンセラーは一定の質は担保されており、安心感がある。案件数重視の方にはオススメ。
総合満足度
ポイント1 転職成功実績No.1。累計37万名以上の移籍を実現している
ポイント2 非公開求人件数10万件以上で業界トップクラス
ポイント3 平日20時以降や土日祝日の面談

無料登録(公式サイト)はこちら

2位:doda

情報収集に加えて専任のアドバイザーからアドバイスをもらいたい人向け

転職者満足度No.1の実績。業種/職種ごとのチーム編成にてキャリアアドバイスに従事しており、市場を理解した上でのアドバイスをもらうことができる。右も左も分からない場合はオススメ。
総合満足度
ポイント1 転職者満足度No.1の実績
ポイント2 10万件以上の求人の取り扱い
ポイント3 企業から面接確約されたオファーが直接届く転職求人サイト運営等も有

無料登録(公式サイト)はこちら

 

3位:マイナビエージェント

初めての転職であり転職のイロハを知りたい人向け

専任性を採用しており、求人票には記載されない情報を入手することが可能。社風や雰囲気、キャリアステップなどを聞くことができる。転職することは初めてという方に特にオススメ。
総合満足度
ポイント1 求人票には記載されない細かな情報の入手が可能
ポイント2 業界/職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが対応
ポイント3 応募する求人に対しての経歴書の添削および面接対策に対応

無料登録(公式サイト)はこちら

4位:パソナキャリア

右も左もわからず頭を整理したい人向け

上位三社と比較すると、求人数が少ないことは事実だが、徹底的なカウンセリングを実施するなどして、候補者の思考にマッチする案件をご紹介することに定評あり。頭が整理できていな方にオススメ。
総合満足度
ポイント1 求人数は少ないが、案件の質に定評あり
ポイント2 初回面談は1.5時間~2時間かけて行われる
ポイント3 無料の転職サポートに登録し、拠点に来社すると「はじめての転職必勝ガイド」をもれなくもらえる

無料登録(公式サイト)はこちら

合わせて読む
元ヘッドハンターが教える|初めて転職活動する方がまず登録すべき転職エージェント

  元ヘッドハンターで現在は複業で人材紹介とキャリアコーチングをしている「ごらり」に転職相談したい場合は以下ツ ...

続きを見る

 

転職活動をはじめるまとめ

 

転職活動が長期化すると、「自分て価値がないの?」や、「このまま一生決まらないんじゃないか・・・」と思って、自己嫌悪に走ってしまうこともありますが、転職先の求人状況や、転職市場の情勢、あなた自身の職種や、タイミングなど複雑に絡み合っており、一概に転職活動期間が長いからといって、自分を追い込む必要はありません。

 

あなた自身が転職をすることで何を得たいのかを明確にし、計画的に転職活動を行うことができるよう、転職活動を本格的に始める前に、まずは自分を知る(=自己分析)することから始めてみましょう。

 



スポンサーリンク

© 2022 なかのひとぶろぐ